Running App Inventor services with the MIT JAR files (3章)

3. Deploying App Inventor on Google App Engine

3.GoogleApp Engine上でApp Inventorを展開する


This section describes how to deploy the App Inventor service on Google App Engine from machines running the MacOS or GNU/Linux operating system. The instructions are the same for both systems.

このセクションでは、MacOSGNU / Linuxオペレーティングシステムが動作するマシンからGoogle App Engineの上へApp Inventorサービスをデプロイする方法について説明します。手順は、いずれのシステムでも同じです。


3.1 Register an application ID

3.1アプリケーションIDを登録する

Register an application ID for your App Inventor App Engine service if you’ve not already done so. You saw how to register an IS if you followed the App Engine tutorial. We’ll refer to the ID you registered as “my service ID”

まだアプリケーションIDの登録を行なっていない場合は、あなたのApp Inventor に、App EngineサービスのためのアプリケーションIDを登録してください。App Engineのチュートリアルには、IS(?)として登録する方法が説明してあります。我々は、"あなたのサービスID"として登録されたIDを参照します。


3.2 Join the discussion forum and get the App Inventor Service zip file

3.2ディスカッションフォーラムに参加し、App Inventorのサービスのzipファイルを取得する

The App Inventor service file has a date in its name. In the instructions below, we’ll use the date Nov-24. The actual date of the service file you get may be different, so modify the instructions accordingly.

App Inventor サービスファイルは、名前に日付を含んでいます。以下の手順では、日付の例として「1124日」を使用します。実際にあなたが得るサービスファイルの日付が異なる場合には、以下の記述の日付を読み替えてください。

Before downloading the zip file, take time NOW to join the jar testing forum

We will be updating the zip files frequently. The forum will be the only way you’ll know when updates are available, and the only way to get help.

zipファイルをダウンロードする前に、jarファイルテスティングフォーラムに参加する。

zipファイルは、頻繁に更新されます。(ディスカッション)フォーラムは、アップデートがいつ利用可能であるかを知り、助力を得るための唯一の場となります。

The App Inventor Service zip file is located at

http://appinventoredu.mit.edu/download-jar-files

App Inventor Service zipファイルは、次の場所にあります。

http://appinventoredu.mit.edu/download-jar-files

It is a zip file called appinventor-service-Nov-24.zip. Download it and unzip it. The resulting file appinventor-service-Nov-24 should contain two compressed tar files:

appinventor-service-Nov-24.zip」というファイル名のファイルを、ダウンロードして解凍します。解凍されて出現する 「appinventor-service-Nov-24」 ディレクトリには、2つの圧縮されたtarファイルが含まれているはずです。


  1. for-BuildServer.tgz. You’ll need to move this tar file to your BuildServer machine to deploy the BuildServer, as described below under “Deploy the BuildServer”.

    for-BuildServer.tgz. このtarファイルは、ビルドサーバを構築するために、あなたの ビルドサーバマシンに移動する必要があります。

  1. appinventor-Nov-24.tgz. Untar this file with

    tar zxf appinventor-Nov-24.tgz

    The resulting folder appinventor-Nov-24 will contain a single directory called appinventor. We’ll refer to this as the “appinventor” directory in the instructions below.

    appinventor-Nov-24.tgz. このファイルを tar zxf appinventor-Nov-24.tgz」でuntarします。このことで作られる appinventor-Nov-24 ディレクトリは、一個のディレクトリ「appinventor」を含んでいます。以後、このディレクトリを"appinventor"ディレクトリと呼ぶことにします。


4.3 Specify the Build Server machine

4.3Build Server マシンを指定する

Go to the appinventor directory and find the file

appinventorディレクトリに移動し、ファイル


war/WEB-INF/appengine-web.xml


Edit the file to change the line that reads

を見つけ、次の行を変更します。


<property name="build.server.host" value="localhost:9990" />


to replace “localhost” with the name for your BuildServer and a free port where it should run, for example, value=”mymachine.myschool.edu:9990”.

お使いのBuildServerの名前と、BuildServerが使用する空きポート実行する必要が空いているポートで、"localhost" を value="mymachine.myschool.edu9990"のように書き換えます。

Note: The port must be kept at 9990.

注:ポートは9990に保たれている必要があります。


4.4 Set up the white list

4.4ホワイトリストを設定する

The App Inventor server is configured to use a whitelist: only users on the list will be permitted to log in. Others will get a message saying that the server is not available. The whitelist is located in the file

App Inventorにサーバはホワイトリストを使用します:リスト上のユーザだけがログインを許可され、その他のサーバが利用できないことを示すメッセージを受け取ります。ホワイトリストは、以下のファイルの中にあります。


war/whitelist


Edit this file to list the user addresses you want to permit, one address per line. Don’t forget to include your own address.

Now turn on the whitelist restriction: Go to the appinventor directory, and find the file

このファイルを編集し、ログインを許可するユーザーのアドレスを、1行につき1アドレス記載します。あなた自身のアドレスを含めることを忘れないでください。

今すぐホワイトリストによる制限を有効にするには:appinventorディレクトリへ行き、ファイル


war/WEB-INF/appengine-web.xml


Edit the line that reads

を探し、以下の行


<property name="use.whitelist" value="false"/>


to change “false” to “true”.

を編集し、false"true"に変更します。

You can leave the whitelist restriction off if you wish. Bear in mind that if you do so, everyone will be able to connect to your server.

ホワイトリストによる制限は、行わないままにしておくこともできます。その場合、誰でもがあなたのサーバに接続できることに注意してください。


4.5 Deploy the Build Server on the BuildServer machine

4.5 BuildServerマシン上でBuild Serverを展開する

From the appinventor-service-Nov-24 zip file you unpacked, copy the file for-BuildServer.tgz to a suitable directory on the BuildServer machine. Log in to the BuildServer machine and untar with

あなたが解凍したappinventor-service-Nov-24 zip ファイルから、ファイル for-BuildServer.tgzビルドサーバマシン上の適切なディレクトリにコピーします。ビルドサーバマシンにログインし、コピーしたファイルを以下のコマンド解凍します。


tar -zxf for-BuildServer.tgz


This will produce a directory for-BuildServer. We’ll call this this the “buildserver directory” in these instructions. It will contain files BuildServer.tar and launch-buildserver. Make sure that launch-buildserver is executable.

これで、for-BuildServerディレクトリが生成されます。以下、このディレクトリをbuildserver directory と呼びます。このディレクトリはBuildServer.tarlaunch-buildserver を含んでいます。launch-buildserverが実行可能になっていることを確認しておいてください。

Connect to the buildserver directory, and run the command

buildserverディレクトリで、以下のコマンドを実行します。


tar -xf BuildServer.tar


This should produce a directory called lib.

これで、libというディレクトリが生成されます。

Now in the buildserver direcotry run

では、buildserverディレクトリで以下のコマンドを実行してください。


killall java

./launch-buildserver


This should start the Build Server and create a file buildserver-log.out. If you view

this file, you should see startup messages, ending in “server running”.

これで Build Server が起動し、ファイル buildserver-log.out が作成されるはずです。もしこのファイルが作成されているようであれば、「server runnning 」で終わるスタートアップメッセージも表示されていることでしょう。

Later, as you package apps with your App Inventor service, you can examine this log file to watch the build progress and to help identify build errors.

あとで、自分がApp Inventor service でアプリケーションをパッケージするにあたり、ビルドの進行を確認したり、ビルドエラーを特定するために、このログファイルを調べることも可能です。


4.6 Upload the App Inventor service to App Engine

4.6App EngineApp Inventor サービスをアップロードする

Now, on the machine where you have unpacked the App Inventor service, go to the appinventor directory and run

では、App Inventor サービスを展開したマシンで、appinventorのディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してみてください。


<appengine-java-sdk-directory>/bin/appcfg.sh -A <my application ID> update war


where <appengine-java-SDK-directory> is the directory where you installed the App Engine Java SDK. Deploying will take a few minutes, during which App Engine will upload several hundred files. It may also ask you for the email address and password you used to register your service. When it’s done, it should eventually reply with “Success...”.

<appengine-java-SDK-directory>は、App Engine Java SDKをインストールしたディレクトリです。App Engineは、数百個のファイルをアップロードするので、展開には数分かかります。また、自身のサービスを登録するために、Eメールアドレスとパスワードの入力が求められます。終了すると「Success...」と表示されます。

Your service should now be running at <service name>.appspot.com. Try browsing to it, creating an App Inventor app, and packaging it to make sure everything works.

自身のサービスは、<service name>.appspot.com で稼動しているはずです。すべてが正常動作していることを確認するために、ブラウズし、App Inventor Appを作成してみてください。

Try watching the Build Server log while the system is packaging so you can see how things progress.

システムがパッケージングを行なっている時には、どのように進行しているのかを自分で確認することができるように、Build Server log を見るようにしてください。

Note: The buildserver output from a successful packaging interaction currently ends with the alarming line Build error output:. Don’t be alarmed. If there are errors, they would appear after this message.

注:パッケージング作業が正常に終了した場合のビルドサーバの出力は、現在のところ、「Build error output:」という出力で終わります。驚かないでください。エラーがある場合、エラーメッセージはこのメッセージの後に現れます。

Don’t neglect to participate in the forum:

フォーラムへは必ず参加してください。

http://groups.google.com/group/mit-appinventor-jars

Comments