Running App Inventor services with the MIT JAR files (2章)

2. Things to consider before running your own service

2.自前のサービスを始める前に気をつけること


WARNING: This version of the system is highly experimental. We are distributing it at this early stage in order to get testing feedback and so that people can get early experience running the App Inventor service.

注意:このバージョンのシステムは非常に実験的です。早期に時期尚早に公開する事で私たちはフィードバックを得ることができ、人々は早い段階でApp Inventorサービスを運営する経験を得る事ができます。

JOIN THE JAR TESTING FORUM AND SEND FEEDBACK: The best way to make the system better is to send feedback (both positive and negative) and report bugs as you run across them. We’ve set up a forum for feedback and discussion of using the JARS, at:

http://groups.google.com/group/mit-appinventor-jars

JARをテストするフォーラムに加わりフィードバックを送る:システムを良くする最高の方法はフィードバック(良い事も悪い事も両方)を送る事と、実行時に発生するバグをレポートする事です。私たちはJARを利用する事に関する、フィードバックと議論のためのフォーラムを用意しています。

http://groups.google.com/group/mit-appinventor-jars

CHECK FOR UPDATES FREQUENTLY: We will be regularly publishing new versions of the JARs. Updates will be announced in the mit-appinventor-jars forum. Please update your systems in a timely manner so that you will have the latest bug fixes.

頻繁に更新をチェックする:私たちはJARの新しいバージョンを定期的に発表します。最新版は「mit-appinventor-jars」フォーラムで発表されます。最新のバグ修正を受けられるように、あなたのシステムをタイムリーにアップデートしてください。

SCALE UP SLOWLY: Be conservative about adding users, and scale up slowly. This is especially important if your users are counting on your service for serious work (like a class). At this time, we don’t know how many App Inventor users the AppEngine service can reasonably support, and we expect there are still significant bugs that can cause crashes at any time. So start with only a few users and add more at a measured pace once you know that things are working. At MIT we will be working on fixing bugs and making the App Inventor more efficient. The best way you can help us fix things is to send bug reports and other comments to the mit-appinventor-jars forum, and to join the discussion there.

拡大はゆっくりと:ユーザーを追加する事に慎重になって、規模の拡大はゆっくりしましょう。特にあなたのユーザーが重大な仕事(学校の授業のような)にあなたのサービスを期待する場合は重要です。この時、App EngineサービスがどれだけのApp Inventorユーザーを支える事ができるか私たちには分かりません。そしてまた、クラッシュの原因となるような重大なバグを含んでいる事が予想されます。それで、少数のユーザーで上手くいくことが確認できたら、慎重なペースでユーザーを追加してください。MITで私たちはバグを修正し、App Inventorをより効率的になるよう取り組んでいます。私たちの改修作業を支援する最も良い方法はバグレポートを送り、mit-appinventor-jars」フォーラムでコメントし、議論に加わる事です。

Be especially cautious if you don’t have experience with Google App Engine, or with running a computer service that others are counting on to be running (even when you are asleep, busy, tired, on vacation, …). It is easy to bite off more than you can chew.

あなたがもしGoogle App Engineでの経験、または他人が動いている事を期待されるような(あなたが寝ていようが、忙しかろうが、疲れていようが、バカンスに行っていようが)コンピュータサービスを運営した経験が無い場合、特に注意しなければならない。それはありがちな、身の丈に合わない事です。

APPENGINE IS NOT COST-FREE: AppEngine charges for use beyond a small amount. We have not yet done the testing to determine how many App Inventor users can be supported and still remain below the free limit on AppEngine usage. This is another reason to scale up slowly in adding users. We’ll be doing performance tuning over the coming weeks to (hopefully) decrease the load on App Engine. But, especially in the meantime, you should carefully monitor your service’s App Engine use and be aware of the free use limit and/or think about paying for additional App Engine resources. And please use the forum to report your experiences about load and capacity, to help us in debugging the system and improving performance.

App Engineは無料ではない:App Engineは無料枠を超えた利用は課金されます。私たちはどの程度のApp Inventorユーザーが使える事をサポートするか、またApp Engineの利用で無料枠の中に収めることができるか、といったことを決めるための試験がまだできないでいる。これはゆっくりユーザーを追加する別の理由です。私たちはこれからの数週間App Engineの負荷を(きっと)減少させるパフォーマンスチューニングを行う。しかしその一方であなたは無料枠の上限やApp Engineに追加リソース用にお金を払うか、といった事をApp Engine上のサービスおいて、特に注意しなければならない。そして、私たちのシステムのデバッグやパフォーマンス向上を支援するために、あなたのロードキャパシティに関する経験をフォーラムで報告してください。

Here are some other things to keep in mind:

ここにその他に気をつけることは以下の通りです。


2.1 App Engine hosting and local servers

2.1App Engine ホスティングとローカルサーバ

App Inventor is a Java program that runs as a web service on Google App Engine. Before starting with App Inventor, we strongly recommend that you get some experience with App Engine and Java App Engine services. As with any App Engine service, you deploy App Inventor as a hosted service on Google’s infrastructure at appspot.com.

App InventorGoogle App Engine上のWebサーバとして実行するJavaプログラムです。App Inventorを始める前に、私たちはあなたにApp Engine Java App Engineサービスについて経験する事をお勧めします。それは、通常のApp Engineサービスのように、あなたはApp InventorGoogleのインフラであるappspot.comで公開するからです。


2.2 Storage for user projects

2.2ユーザープロジェクトの保管

The App Inventor service maintains storage for individual user projects, both source code and compiled apps (APK files). Remember that this user project storage is part of your service: If your service goes away, or you clear the data base, then the stored user projects will go away. You should advise your users to maintain backup copies of their projects to their individual machines in case you need to rebuild the service and clear your database2.3 User login and authentication

App Inventorサービスは個別のユーザープロジェクトの保管を管理します。ここで言うユーザープロジェクトはソースコードとコンパイル済みのアプリ(APKファイル)の両方を指します。ユーザープロジェクトの保管はあなたのサービスの一環であることを覚えていてください。もしあなたがサービスを終了させるような事やデータベースを削除するような事があれば保管されているユーザーのプロジェクトは削除されてしまいます。あなたがサービスを再構築する際や「2.3ユーザーログインと認証」でのデータベースの初期化に備え、あなたはあなたのユーザーに対して自分のプロジェクトを自分のパソコンに保存するように薦めるべきです。


2.3 User login and authentication

2.3ユーザーログインと認証

For the current version of the code, your users will need to log in to your service using their Google IDs. Your service lets you configure a whitelist. The only people who can use it are those whose IDs you add to the whitelist. Others will see a message saying that the server is unavailable.

現在の最新バージョンのコードでは、あなたのユーザーは彼らのGoogle IDを使ってあなたのサービスにログインする必要があります。あなたにはサービスにホワイトリストを設定しもらいます。あなたがホワイトリストに追加するのはサービスを使う人だけです。そのほかの人はサーバが利用できないというメッセージを見ることになります。


Note: If your users have projects on the public Google App Inventor service, (which will run until the end of 2011) these projects will not automatically be transferred to your new service, even though users may be logging in to both services using the same Google ID. Similarly, if other people are running App Inventor services, projects will not automatically travel from one service to the next.

注:あなたのユーザーがGoogleの運営する公開されているApp Inventorサービス(2011年末で終了する)でプロジェクトを持っている場合でも、それらのプロジェクトは自動的にあなたのサービスに移管されるような事はありません。たとえ、そのユーザーが同じGoogle IDを使用している場合であっても移行されません。同様に、みんなが運営するApp Inventorサービスに関して、誰かのサービスで作ったプロジェクトが自動的に別の人の運営するサービスに転送されるような事はありません。


2.4 The build server

2.4ビルドサーバ

The App Inventor service requires an auxiliary Build Server that handles the computationally intensive work of compiling and packaging apps. Even though the App Inventor service is running on Google App Engine, you’ll still need to provide your own build server. This must be a Linux server on a public network where Google App Engine can access it.

App Inventorサービスは補助的にコンパイルとアプリのパッケージングを専門に行うビルドサーバが必要です。App InventorGoogle App Engineで動いているとしても、自前のビルドサーバを提供する必要があります。また、ビルドサーバはGoogle App Engineがアクセス可能な公共のネットワーク上にあるLinuxサーバでなければなりません。


2.5 Supported platforms

2.5サポートされるプラットフォーム

The instructions is this document for deploying the service pertain to machines running the MacOS or GNU/Linux operating system. We do not yet provide a version for Windows, although Windows users who have experience with App Engine should be able to make the necessary changes. Regardless of how you deploy the App Inventor JARs, the Build Server must be a Linux server that is on a public network where Google AppEngine can access it, and where you can log in to start the BuildServer process running.

MacOSGNU/LinuxなどのOSが動作するマシンにサービスを公開する導入手順書はこの文章です。App Engineの経験を持っているウィンドウズユーザは必要な変更を加えることができるに違いありませんが、私たちはまだウィンドウズ版を提供しません。あなたがどのようにApp InventorJARを公開するかに関わらず、ビルドサーバはGoogle App Engineがアクセス可能な公共のネットワーク上にあるLinuxサーバでなければなりません。


2.6 App Engine load and charges for use

2.6App Engineのロードと変更点

Google charges for App Engine use, beyond a certain amount. We have not yet done any load testing of App Inventor, so we don’t know how much App Inventor use can be supported below the free limit on App Engine. We also have not yet done any performance tuning to make App Inventor more efficient in its use of App Engine resources. For now, you should be very conservative in your plans to run App Inventor for more than a few users. Experiment with small user groups, keep monitoring the load, and watch for updates to the App Inventor code.

Googleは一定の使用量を超えたApp Engineの仕様について課金します。私たちはまだApp Inventorのいかなるロードテストも行っていません。よって、App Engineの無料枠でApp Inventorがどれだけ動かす事ができるかわかりません。さらに、私たちはApp Engineのリソースを効率的に利用するためのいかなるパフォーマンスチューニングも行っていません。今のところ、ユーザーを追加する予定に関しては非常に保守的になるべきです。少数のユーザーグループでの実験は、ロード状況を監視し続け、App Inventorのソースコードを待つことになります。


2.7 First get some experience with App Engine and Java

2.7持つべきApp EngineJavaの経験

In using the JARs, you won’t be compiling the App Inventor service, just deploying a pre-compiled version. Even so, it’s a good idea to get some experience with App Engine and Java before you tackle App Inventor. Be prepared to spend a couple of hours working through the App Engine tutorial if you’ve never before used App Engine with Java.

JARを使用するということは、あなたはApp Inventorサービスをコンパイルしません。ただ事前にコンパイルしたバージョンを公開するだけです。そうであってもApp Inventorに挑戦する前にApp EngineJavaを経験する事は良いアイデアです。あなたが今まで一度もApp EngineJavaを使った事がないなら、App Engineのチュートリアルを一通り実行するのに数時間用意してください。

Start by visitng http://code.google.com/appengine/ and downloading the App Engine SDK for Java. Keep track of the directory where you installed the App Engine SDK. You’ll need to know this location when you deploy App Inventor: we’ll refer to this directory in the instructions below as the “appengine-java-SDK-directory”.

まず、 http://code.google.com/appengine/を始めに開き、「App Engine SDK for Java 」をダウンロードしてください。この時App Engine SDKをどこにインストールしたか把握してください。App Inventorを公開するときにこの場所を知っている必要があります。以後このディレクトリの事をappengine-java-SDK-directory」と呼びます。

Once you’ve downloaded the SDK, go to the Getting started: Java guide and work through the tutorial. This will lead you to install Java and Eclipse (if it’s not already on your machine) and also the Google plug-in for Eclipse. Install Java version 6, not version 5.

SDKをダウンロードしたら「Getting started: Java」というガイドページを開き、チュートリアルを一通り実行します。この中でJavaEclipse、「Google plug-in for Eclipseをインストールさせられます。(それらがマシンに用意されていない場合)インストールするJavaのバージョンは6で、5ではありません。

Now do the tutorial, through the section called Uploading your application. That uploading will include registering an application with App Engine and uploading the example project using Eclipse. Even though you’ll see how to use Eclipse, when you upload the App Inventor service, you’ll need to use the command prompt with the appcfg.sh command, as described in the tutorial under “Uploading Using the Command Prompt”, so try that form of uploading with the tutorial example.

チュートリアルを終えると「Uploading your application」という章に移ります。このアップロードではApp Engineアプリケーションの登録とEclipseを使って例題のプロジェクトをApp Engineにアップロードする事が含まれています。Eclipseをどのように使うかを見たとしてもApp Inventorサービスをアップロードする時はコマンドプロンプトで「appcfg.sh」コマンドを使う必要がある。チュートリアルにある「コマンドプロンプトでアップロード」のところで解説されているように。なので、その形式でのチュートリアルの例題をアップロードする事に挑戦しておいてください。

3章へ

Comments