Running App Inventor services with the MIT JAR files(1章)

1. Introduction

1.導入

App Inventor for Android lets people create apps for Android phones by manipulating programming blocks in a web browser. App Inventor has been run as a public web service maintained by Google as an experimental prototype for the past two years. This service will stop operating at the end of 2011, and the MIT Center for Mobile Learning will begin deploying a similar web service for general public use in the first quarter of 2011.

App Inventor for Androidはブラウザ上のプログラミングブロックを操作する事によってAndroidケータイ用のアプリを作らせます。App Inventorは過去2年間Googleの実験的なプロトタイプのWebサービスとして公開されてきました。このサービスは2011年の終わりに運用が終了します。そして、MITモバイルラーニングセンターが2012年の第一四半期に似たようなサービスとして一般公開する予定です。


For people who would like to use App Inventor before the MIT service is running, MIT is distributing Java Archive (JAR) files that people can use to deploy their own App Inventor services for small numbers of users. For example,

  • University faculty might deploy an App Inventor service for students in their classes.

  • School IT departments might deploy an App Inventor service for students in the school.

  • Computer hobbyists might deploy an App Inventor service for their private use or to share with friends.

MITでのサービス開始前に、App Inventorを使いたい人に向けて、MITJavaアーカイブ(JAR)を配信しました。それは皆が少数のユーザー向けに自分たち用のApp Inventorサービスを公開するために使えます。例えば

  • 大学の教職員が生徒用にApp Inventorサービスを展開するかもしれません。

  • 学校のIT部門が生徒用ににApp Ivnventorサービスを展開するかもしれません。

  • コンピュータの愛好者が個人的に、また友人とシェアするためにApp Ivnventorサービスを展開するかもしれません。


This document is a guide to running your own App Inventor service on Google App Engine, using the JAR files from MIT. It’s intended for people with experience running App Engine services and who are prepared to maintain a system that users will be relying upon.

このドキュメントはMITJARファイルを使った自前のApp InventorサービスをGoogle App Engineで動かすためのガイドです。このドキュメントの対象読者はApp Engineを動かした経験があり、システムをメンテナンスする準備のできている人です。

2章へ

Comments