主要メンバー

日本 App Inventorユーザー会の主要メンバー一覧です。
ここでは、App Inventorを教育に活かす学校教職員の方々、App Inventorを広める活動に尽力されている方々をご紹介します。
掲載は五十音順、敬称略になっています。


・氏名 梶川敬文 (かじかわ たかふみ)
・所属 株式会社エーピーラボ
・実績
早いうちに手を出したのが取り得のブログをやってます。
日本アンドロイドの会にてApp Inventorについて講演、
Google Developer Day 2010 にてApp InventorネタのLTをやったことあります・自己紹介ずっと前はワープロの開
発をしてました。携帯向け電子書籍とか電子カルテとかの開発もやりましたが、
いろいろあって今はeラーニングサイトのメンテをやってます。
Androidは昔やってた製品開発を思い出しながら、親指シフトキーボード接続とかApp Inventorなどを、
ぼちぼちやってます。
・リンク
App Inventor Idea Book: http://piezdowe.blogspot.com/
Google+ https://plus.google.com/u/0/108212039074713319284/posts
twitter https://twitter.com/#!/picpie
・コメント
一発アイデアを思いついたらすぐに動かして試せるのでいいツールだと思います。
自前のサーバーで開発環境のバージョンが固定できれば、業務に使えなくもないかな。
スマホ対応を迫られてるけど、忙しくて勉強するヒマがない人にも向いてる気がします。

・氏名 多田丈晃
・所属 日本App Inventorユーザー会主催者/株式会社ビーブレイクシステムズ
・自己紹介 ごく普通のプログラマ。App Inventorに関する執筆をいくつかしているうちに、このユーザー会を立ち上げました。
・リンク
Twitter     https://twitter.com/#!/ttakeaki
Facebook http://www.facebook.com/takeaki.tada
・コメント
App Inventorはアプリ開発に縁のなかった人にもAndroidアプリを作れる可能性を開いてくれます。

・氏名 塚田翔也
・所属 株式会社エイチーム
・実績 Android SDK開発のレシピ
           30分でつくれるAndroidアプリ Google App Inventorではじめよう!
・自己紹介
某Slerで大規模システム開発に従事した後、フリーランス(個人事業主)として独立。2008年度下期未踏IT人材発掘・育成事業に採択され、音声認識技術を用いたWeb検索ツールを開発。現在は株式会社エイチーム所属。プライベートでは、名古屋を拠点とするAndroidアプリ開発コミュニティ「つ部」を運営し、定期的に勉強会を開催。依頼を受けてAndroidアプリ開発の講演をすることも
・リンク
Twitter: http://twitter.com/gabu
Facebook: http://www.facebook.com/shoya.tsukada
G+: http://gplus.to/gabu
Blog: http://d.hatena.ne.jp/gabuchan/
・コメント
App Inventorを通してプログラミング教育の発展に少しでも貢献できればと思っています。

・氏名: 葉山清輝
・所属: 熊本高等専門学校 情報通信エレクトロニクス工学科 
・実績: 著書:作って学ぶCPU設計入門(森北出版)ほか,2点
・自己紹介:高専の教員です.電子情報通信系の科目を担当しています.
・リンク
 学科内: http://www.te.kumamoto-nct.ac.jp/teachers/hayama/
 個人のブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/CPU4Edu/
・コメント:
 App Inventorは学校の教材として有用だと思い,今年度の演習に取り入れてみました.
 今後もいろいろと活用していきたいと考えています.

・氏名:百成 宗治(hyakunari muneharu)
・所属:つい3ヶ月前まで会社員でしたが、現在起業の為の勉強中です
    実際は近くの企画会社で勉強しております
・自己紹介:会社員時代は、パソコン教室の企画・運営
       教育対象は一般の方、及びはローワーク関連の求職者支援教育等
       又、合い間には、テキスト作成(illustratorでの実務です)
・コメント:app-inventorとロボットを活用して、小学生向けの算数好きになる
      カリキュラムを運用できるプロジェクトを立ち上げたいと思っております
      又、求職者向け関連もJAVAも含め出来るようにしていきたいと
      考えています

・氏名 村山 要司
・所属 フリー/メディアックパソコンスクール鶴ヶ峰教室
・実績
 【雑誌】
   平成11年 3月~平成11年12月 技術評論社「JAVA PRESS」にて初心者向けの記事を連載
 【書籍】
 平成13年 7月 工学社「楽しく学べるJavaゲーム・アプレット」執筆
 平成13年12月 工学社「動くWebページの作り方」共著
 平成14年 9月 工学社「Java言語のしくみ」執筆
 平成14年 9月 秀和システム「Javaプログラミングを始めよう! 」執筆
 平成16年 3月 工学社「今さら人に聞けないプログラミングの常識 [オブジェクト指向編] 」執筆
 平成23年 6月 工学社「楽しく学べるAndroidプログラミング」執筆 ← App Inventorについての書籍です
・自己紹介:
 1963年、東京生まれ。
 メーカー系SIerにて技術者として10年勤務後、1996年、九州にIターンし、
 地域プロバイダーを経て、2000年に九州のITベンチャーに入社。
 東京の事業を立ち上げ、マザーズ上場を果たすも、
 経営陣の不祥事により上場廃止。
 総退陣した役員に変わって、2005年に代表取締役社長に就任。
 新たなスポンサー企業の下、グループ三社と統合後は、
 取締役副社長として2010年3月まで再生に務める。
 その後、横浜のソフトハウス、ネットショッピング会社を経て、フリーの身に。
 現在、パソコンスクールのオーナー兼インストラクターとして、
 一般の方に教える傍ら、IT企業の新人教育なども実施中。
・リンク:
 【ブログ】 http://blogs.itmedia.co.jp/murayama/
 【Twitter】 @Yoji_Murayama
・コメント:
 (1) 小中学生など、プログラミングに触れる第一歩として有効だと思います。
 (2) プログラミングとは縁がないような方でも、何かアプリを作ってみたい、
   という気持ちにさせることが出来ると思います。
 (3) (1),(2)合わせて、作り手の裾野を拡げることにつながると期待しています。
 (4) 一方、既に開発できる技術を持っている方でも、
   手早く作れて、すぐに動作が確認できるので、アプリ作成の企画段階で、
   プロトタイプ作成ツールとしての活用はもちろん、
   会議の中で、ディスカッションしながら仕様を詰める等、
   様々なことに利用できると思います。
  (5) 私自身の関わり方としては、広く一般の人に知ってもらうための執筆や、
   教育の教材として、利用していきたいと考えています。

・氏名:山本富士男
・所属:神奈川工科大学 情報学部 情報工学科
・実績(執筆の方のみ必須):少し古いですが、Java関係では、
 書籍「理工系のJavaプログラミングテキスト」、技術評論社、平成16年4月
 雑誌寄稿:「P2Pソケット」、JavaWorld、2004年6月号、pp.112-122.
・自己紹介:コンピュータメーカーの研究所を経て、現在上記大学の教授を務めています。分散・並列処理、JavaやAndroidアプリ開発、フィジカ
ルコンピューティングに興味があります。
・リンク: http://nicolo.yam.ic.kanagawa-it.ac.jp/
・コメント:App Inventorはぜひとも、学生諸君とともに活用して行きたいです。小さなものですが、10個ほどのアプリをInventorで
作ってみて、その思いをますます強くしました。

・氏名:吉田研一
・所属:学校法人山口学園 ECCコンピュータ専門学校 ITカレッジ専任教員
・自己紹介
神戸GTUG・日本Androidの会神戸支部メンバ、日本橋でんもく会世話人
Androidとマイコン・FPGAとの接続性について仲間とわいわい&もくもくやっています。
・実績:書籍 ソシム社「Android ADK プログラミング&電子工作バイブル」共著
・リンク:
学校: http://comp.ecc.ac.jp/
個人のブログ: http://act-yoshiken.blogspot.com/
Twitter: @dietposter
・コメント
選択科目やオープンキャンパスでApp Inventorの実習授業を行っています。プログラミングの面白さ知ってもらう上でApp Inventorは非常にすぐれた教材になります。また、App Inventorで操作できる低コストのロボットカーを検討中です。興味のある方はご意見・ご希望お願いします。
Comments